Windows 10 コントロールパネルの簡単な出し方

2018年3月21日WindowsWindows, コントロールパネル, 設定

Windows 10のコントロールパネルは以前の様な手順では表示されなくなっています。

Creators Update後から表示手順が変更されていますので、現在のコントロールパネルの出し方を紹介します。

Windows 10 コントロールパネルの出し方

Windowsで設定の変更などを行っていると「コントロールパネル」の表示をする事があります。現在(2018.3)のWindows10ではコントロールパネルを表示する方法が見つかりにくくなっていますので、簡単に表示させる方法を3つ紹介します。

コントロールパネルをマウス操作だけで表示させる方法

Windows10で一番簡単にコントロールパネルを表示させる方法でしょう。
マウス操作で「スタートメニュー」から「コントロールパネル」表示させます。

① スタートボタン(Windowsマーク)をクリックします。
② スタートメニューが表示されますので、その中から「Windowsシステムツール」をクリックします。
③ 「コントロールパネル」が表示されますのでクリックします。

表示されました。
マウス操作のみですので、簡単に表示させる事ができました。

 

コントロールパネルのショートカットを作って表示させる方法

簡単に「コントロールパネル」を表示させる方法として、デスクトップ上にショートカットアイコンを作る方法があります。
頻繁にコントロールパネルの操作をする時には、ショートカットを作るこの方法がいいでしょう。

「Windows」キーを押しながら「I」キーを押し「Windowsの設定」画面を表示させます。

Windowsの設定」画面が表示されますので、個人用設定」をクリックし「テーマ」の画面を表示させます。
テーマ」の画面が表示されます。
①「テーマ」をクリックします。
②「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。
 
デスクトップアイコンの設定」の画面が表示されます。
①「コントロールパネル」のチェックボックスチェックを入れます。
②「OK」をクリックすると設定の完了です。
デスクトップ上に「コントロールパネル」のショートカットアイコンが表示されました。



一番簡単なキーボードを使う方法

私がいつも表示させている方法です。
キーボードを使いコントロールパネルを表示させます。

①  Windowsキーを押します。
② キーボードで[kon]と入力します。
③ 「コントロールパネル」のアイコンが表示されますのでクリックして起動します。

まとめ

Windows 10 Creators Update の後からコントロールパネルの表示方法が変更になりました。

以前と同じ操作では表示されなくなり探すのに時間がかかりましたが、出来てしまえばとても簡単な操作でコントロールパネルを表示することが出来ました。

紹介した、マウス操作のみでコントロールパネルを表示する方法はとても簡単な操作で、紹介するほどでもないかな?と書き終わってから思いました。

デスクトップアイコンを作る方法は、コントロールパネルを操作することの多い時に便利だと思います。

やっぱり、一番簡単なのはWindowsキーと「kon」を入力する方法ですね。
覚えやすいし、手順も簡単なので私はいつもこの方法でコントロールパネルを表示させています。

3つの方法を紹介しましたが、他にもファイル名を検索して表示する方法などあるようです。
今回紹介させていただいた方法は、とても簡単で覚えやすそうだったので試してみて下さい。