Windows 10 コントロールパネルをすばやく表示させる方法

Windows

Windows の設定などを変更している時には、頻繁にコントロールパネルを表示させていませんか?

コントロールパネルの表示方法はCreators Update後から表示手順が変更されています。

以前は、スタート「Windows」アイコンを右クリックで簡単に表示されていましたが、現在は表示されていません。

コントロールパネルは、何かとお世話になる事が多いので、すばやく簡単に表示させる方法を紹介します。

コントロールパネルを表示させる方法

現在(2018.3)のWindows 10ではコントロールパネルを表示する方法が見つかりにくくなっています。

この記事では、簡単にコントロールパネルを表示させる方法を3つ紹介します。

コントロールパネルをマウス操作だけで表示させる方法

Windows 10のコントロールパネルを表示させる方法で、一番覚えやすいのがマウス操作で表示させる方法になります。

複数回のマウス操作で「スタートメニュー」から「コントロールパネル」表示させます。

① スタートボタン(Windowsマーク)をクリックします。
② スタートメニューが表示されますので、「W」の項目の中から「Windowsシステムツール」をクリックします。
③ 「コントロールパネル」が表示されますのでクリックします。

コントロールパネルが表示されました。
マウス操作のみですので、簡単に表示させる事ができました。

コントロールパネルのショートカットアイコンを作る方法

簡単に「コントロールパネル」を表示させる方法として、あらかじめデスクトップ上にショートカットアイコンを作る方法があります。

頻繁にコントロールパネルの操作をする時には、ショートカットを作るといいでしょう。

「Windows」キーを押しながら「I」キーを押し「Windowsの設定」画面を表示させます。

Windowsの設定」画面が表示されますので、個人用設定」をクリックし「テーマ」の画面を表示させます。

テーマ」の画面が表示されます。
①「テーマ」をクリックします。
②「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。

デスクトップアイコンの設定」の画面が表示されます。
①「コントロールパネル」のチェックボックスチェックを入れます。
②「OK」をクリックすると設定の完了です。

デスクトップ上に「コントロールパネル」のショートカットアイコンが表示されました。
アイコンをクリックするだけでコントロールパネルが表示されますので、コントロールパネルを使う頻度が多い場合には便利です。



一番簡単なキーボードを使う方法

私がいつもコントロールパネルを表示させている方法です。
キーボードを使いコントロールパネルを表示させます。

①  Windowsキーを押します。
② そのまま、キーボードで[kon]と入力します。
③ 「コントロールパネル」のアイコンが表示されますのでクリックして起動します。
とても簡単にコントロールパネルの表示ができます。
マウス操作よりも簡単で、覚えやすいのでおすすめです。

まとめ:簡単な操作でコントロールパネルが表示できます

Windows 10 Creators Update の後からコントロールパネルの表示方法が変更になりました。

以前と同じ操作では表示されなくなり探すのに時間がかかりましたが、覚えてしまえばとても簡単な操作でコントロールパネルを表示することが出来ました。

紹介した、マウス操作のみでコントロールパネルを表示する方法はとても簡単な操作なので、初心者の方は覚えやすい方法でしょう。

デスクトップアイコンを作る方法は、コントロールパネルを操作する頻度が多い時に便利に使えます。

今回紹介した中で一番簡単なのは、キーボードを使って「Windows」キーと「kon」を入力する方法ですね。
覚えやすいし、手順も簡単なので私はいつもこの方法でコントロールパネルを表示させています。

今回3つ紹介した、コントロールパネルを表示させる方法はどれも簡単で覚えやすい方法を紹介しました。

あなたの使いやすい方法で覚えておくとコントロールパネルをすばやく表示させることができますね。

以上、Windows 10 コントロールパネルをすばやく表示させる方法の紹介記事でした。

 

 

コメント