【Windows】マウスを使わずに右クリックをキーボードで表示させる方法

マウスをクリック Windows

「Excelでセルの操作」や「エクスプローラーでのファイル操作」など、マウスに持ち替えずに、マウスの右クリック操作をキーボードでしたい場合がないでしょうか?

タイピング中にキーボードから手を離さずに「マウスの右クリックメニュー」を表示できると操作も速くなりますし、チョットかっこいいですよね。

この記事では、マウスを使わずにマウスの右クリックと同じ操作をキーボードを使って操作する方法を紹介します。

マウスの故障などで、急に「クリック」ができなくなった場合でも、キーボードの操作でマウスの右クリックと同じ操作が出来ますので、ぜひ覚えておきましょう。

右クリックのメニューをキーボードで表示させる

キーボードを使ってマウスの右クリックと同じメニュー表示をさせる方法を2つ紹介します。
使っているキーボードのタイプによって操作方法を選びましょう。

  1. キーボードのアプリケーションキーを使う方法
  2. ショートカットキーを使う方法

①アプリケーションキーで右クリックメニューの表示

使用中のキーボードに「アプリケーションキー」があればとても簡単です。

キーボードの「アプリケーションキー」を押すだけで右クリックと同じ操作ができます。

アプリケーションキー
アプリケーションキー

 

「アプリケーションキー??」あまり使わないキーなのですがキーボードの右下、AltCtrlの間にあります。

アプリケーションキーの説明

操作するファイルやフォルダなどを選び「アプリケーションキー」を押すとマウスの右クリックと同じメニューの一覧が表示されます。

画面の何もないところでも「アプリケーションキー」を押すと、右クリックと同じメニューの一覧表示がされます。(グラフィックやディスプレイの設定が出来ます)

右クリックメニュー

キーボードから上下の矢印キー「」「↓」を使いメニュー内の項目を選択できます。「Enter」キーを押すと決定します。(マウスの左クリックと同じ操作になります)

キーボードを使ったキー操作だけで「マウスの右クリックのメニュー操作」ができますね。

②アプリケーションキーが無いキーボードの場合

キーボードのタイプによっては「アプリケーションキー」が存在しないキーボードもあります。

私はサイト内の記事でも紹介した「ThinkPad トラックポイント・キーボード 0B47190」を使っています。

このトラックポイント・キーボードには「アプリケーションキー」はありませんがマウスの左右ボタンが内蔵されているので右クリックの問題ありません。ですが、故障しないとも限りませんよね。

そこで、「アプリケーションキー」がないキーボードを使っている場合には、「ショートカットキー」を使いましょう。

ショートカットキー
Shift」を押しながら「F10」を押します。
shift+f10

キーボードのShiftキーを押しながらF10キーを押します。

このショートカットキーを使うとマウスの右クリックと同じメニュー操作ができます。

「アプリケーションキー」が無くて、マウスを使えない場合には「ショートカットキー」を使えばマウスの右クリックと同じ操作が可能です。

キーボードのShiftF10のキーが少し離れているので慣れるまで使いづらいかもしれません。



まとめ:右クリック操作はキーボードで可能です

Excelのセル操作や書式の設定などは、キーボードで右クリックメニューの操作に慣れるとかなり便利に使えます。

エクスプローラーなどでファイル操作する場合でも、キーボードから手を離すことなく操作できるので効率的ですね。

アプリケーションキー
AltCtrlの間にある「アプリケーションキー」アプリケーションキー

 

ショートカットキー
Shift」を押しながら「F10」を押します。
shift+f10

 

普段使わない「アプリケーションキー」いつ使うんだろう?っていうか何の為のキー?と思っていたでしょう。実は右クリックメニューの表示をしたい場合に役に立つんですね。

アプリケーションキーが無いキーボードの場合には、「Shift」を押しながら「F10」のショートカットキーを使うとマウスの右クリックと同じ操作ができます。

矢印キーとEnterキーの組み合わせでマウスを使わなくてもメニューの操作ができますね。

「マウスが故障」なんてことが無い方がいいのですが、そんな緊急事態にもキーボードでなんとかマウスと同じ様な操作は可能です。

でも、マウス操作の方が作業効率がいい場合もありますので予備のマウスを持っておくことをオススメします。

以上、【Windows】マウスを使わずに右クリックをキーボードで表示させる方法の紹介記事でした。

関連記事>>Logicool G300s ゲーミングマウス購入の記録

コメント