Windows 10 パソコンで逆テザリングの設定方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネット環境が有線LAN(イーサネット)しかなく、パソコンではインターネットに接続できるけど、有線LANの接続ができないタブレットなどを使いたい場合に、不便に思ったことはないでしょうか?

そのような場合、パソコンがWindws 10 であれば「モバイルホットスポット」という機能を使って簡単に”Wi-Fi”を使ってインターネット接続をすることができます。

使えるパソコンに少し条件がありますが、”Wi-Fiルーター”が無くてもネットワーク回線につながったパソコンがあればインターネット環境を作ることができますので、その設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows 10 のパソコンで逆テザリングとは?

通常のテザリングは、Androidスマートフォンなどで搭載されているテザリング機能を使ってパソコンや、タブレットをインターネットにつなぐことができるようにする機能です。

逆テザリングとはその逆の方法です。有線LANなどを使いインターネット環境のあるパソコンから”Wi-Fi”や”Bluetooth”でタブレットやパソコンなどにつなぎインターネット環境を作ることです。

有線LANが使えない端末やパソコンであっても、Windows 10パソコンの標準機能「モバイルホットスポット」の設定で簡単にインターネットにつなぐことができます。

Windows 10 のパソコンで逆テザリングができる条件

逆テザリングができるパソコンには少し条件があります。

  • パソコンがインターネットに接続できる事
  • Wi-Fi(無線LAN)の機能

当然なのですが、インターネットを使いたいのでパソコンがインターネットに接続できる環境でなくてはいけません。

有線LANやLTEでも、とにかくパソコンでインターネットが使える状態であればOKです。

あとは、Wi-Fiを使ってアクセスポイントを作るのでWi-Fi(無線LAN)の機能があるパソコンが必要となります。

最近では有線LANの接続コネクタがないノートパソコンも増えていますが、私が使っているThinkPad X230,X1 Carbon 3rd は有線LAN接続が出来ますので逆テザリングができました。

中古パソコンならお任せ【ThinkPad専門店 Be-Stock】

Windows 10 のパソコンで逆テザリングをする設定方法

1.設定画面を表示

①デスクトップ画面左下のスタート(Windowsマーク)をクリックします。

②スタートメニューが表示されるので「設定」(歯車)をクリックします。

スタート→設定をクリック

「設定画面」が表示されます。

2.Windowsの設定

Windwsの設定画面から「ネットワークとインターネット」をクリックします。

設定画面のネットワークとインターネットをクリックする

3.ネットワークとインターネット

「ネットワークとインターネット」の設定画面が表示されます。

①左側の設定一覧から「モバイルホットスポット」をクリックします。

②「モバイルホットスポット」の「編集」をクリックします。

モバイルホットスポットの編集をクリックする

4.ネットワーク情報の編集

「ネットワーク情報の編集」画面が表示されます。

ネットワーク情報を入力します。

①ネットワーク名【任意入力】
②ネットワークパスワード【任意入力】
③ネットワーク帯域【選択】

ネットワーク情報を入力後、「保存」をクリックします。

ネットワーク情報の編集画面

「ネットワーク情報の編集」画面が閉じます。

5.モバイルホットスポット

「モバイルホットスポット」を「オン」にします。

モバイルホットスポットをオンにする

設定が完了しました。

あなたのパソコンがWi-Fiのアクセスポイントになりました。

タブレットなどのWi-Fi機器から、先程のアクセスポイントに「ネットワーク名」「ネットワークパスワード」を確認しながら接続してみましょう。

パソコンに外部からWi-Fiで接続がされると「モバイルホットスポット」の画面で接続されているデバイスの確認ができます。

接続されているデバイスの確認画面

この画面では1台のデバイスが確認できます。最大8台まで接続可能です。

「デバイス名」「IPアドレス」「物理アドレス(MAC)」の確認もできます。

まとめ:パソコンがアクセスポイントになる

Wi-Fiの普及はかなりされていますが、古いホテルなどでは有線LANのみの場合もあります。

急に無線ルーターが故障することもあります。

有線LANが接続出来て、Wi-Fi機能のあるWindows 10 のノートパソコンがあれば、簡単な設定でパソコンをアクセスポイントにすることができます。

モバイルスポットの設定をしておくだけで、Wi-Fi接続が必要なときにだけ「オン」「オフ」すればいいだけなので簡単ですよね。

以上、Windows 10 パソコンで逆テザリングの設定方法の紹介記事でした。



Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カラバリ

コメント