【Microsoft Excel】数字入力でセルの右側に余白を空ける

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Excel
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エクセルで資料などを作成していると、セル内に表示された数字が右に寄りすぎて肝心の数字が見えにくく感じることはありませんか?

エクセルでは、文字や数字を入力すると「文字は左揃え」「数字は右揃え」で自動で判断されて表示されます。

この機能は便利なのですが、セルの幅が大きい時の数字入力などは数字の表示が右に寄り過ぎているように感じて見栄えがよくありません。
特に、セルに枠線がある場合には数字が見づらく感じてしまいます。

セル内で数字が右に寄りすぎている画像

エクセルは表計算ソフトなので基本的に数字を多く使いますよね。
なので、提出する資料の作成などでは特に数字の視認性を良くしたいところです。

そこで、「右揃えで表示される数字」の場合には、数字の右側に少し余白を開けてやりましょう。格段に見栄えが良くなります。

簡単な手順として「文字の配置の設定」を変更して対応できます。

この記事ではエクセルの機能「インデント」や「セルの書式」を設定して、セル枠と数字や文字の間に適切な余白を作る方法を紹介します。

記事内の画像では「Microsoft Excel 2019」を使用して紹介していますが、基本的な設定方法なのでバージョンが違っていても同じ操作で対応ができます。

スポンサーリンク

エクセルでセル内の文字(数字)の右に余白を作る

セルに数字を入力すると「右揃え」で表示されます。

エクセルでは標準の仕様なのですが、右に寄り過ぎて数字が読みにくいと感じることもありませんか。

そこで、「インデント」や「セルの書式設定」を使って文字(数字)の位置を調整してみましょう。

「インデント」ボタンを使った文字(数字)位置の調整方法

「インデント」ボタンを使って簡単に文字(数字)位置の調整をする方法です。

インデントボタンを使って文字位置を調整する画像
  1. 位置調整するセル(範囲)を選択します。
  2. Home」タブのインデントを増やすボタンをクリックします。
インデントボタンの説明画像
「インデント」の増減ボタン
右揃えのインデントに変更する方法の画像
  1. セル内の文字(数字)が左揃えで1文字分(インデント)右に寄った状態で表示されます。
  2. 配置」の「右揃え」ボタンをクリックします。
右にインデントが出来た画像

セル内の文字(数字)と罫線の間に間隔ができたので、セル内の文字(数字)が見やすくなりました。

「インデントを増やす」ボタンを押すごとに右の余白が1文字分づつ大きくなります。

余白を多く取りすぎた場合には「インデントを減らす」ボタンで余白を小さくできます。

スポンサーリンク

「セルの書式設定」「表示形式」を「数値」に変更する方法

セルに数字を入力した場合、「セルの書式設定」の「表示形式」は「標準」になっています。

「表示形式」を「数値」に変更すると、セルと罫線は半角程度の間隔を空けることができます。

「数値」>「数値の書式」で簡単に変更する

文字の書式設定を標準から数値に変更する画像
  1. 調整するセル(範囲)をマウスなどで選択します。
  2. リボンの「数値」から「標準」の右「▼」をクリックします。
  3. 「表示形式の一覧」が表示されるので「数値」をクリックします。
数値へ変更された結果の画像

セル内の文字(数字)と罫線の間に間隔ができたので、セル内の文字(数字)が見やすくなりました。

数値表示で「桁区切り(カンマ)」を付けようとして、リボンの「数値」から「カンマ(桁区切りスタイル)」ボタンをクリックすると「通貨」の表示になります。

カンマのアイコンをクリックすると通貨表示になる説明画像

通貨表示の場合には数字の右側には余白ができませんので「インデント」を使って余白を作りましょう。

表示形式を「数値」のままで 「桁区切り(カンマ)」 を付ける場合には、以下で説明する「セルの書式設定」で「桁区切り」の設定を行えば「数値」形式でも表示する事ができます。

「セルの書式設定」を表示させる

セルの書式設定を変更する方法の画像
  1. 調整するセル(範囲)をマウスなどで選択し、右クリックします。
  2. 表示されるリストから「セルの書式設定」をクリックします。
  3. 「セルの書式設定」が表示されます。

セルの表示形式を数値に設定する

表示形式を数値に変更する画像
  1. 表示形式」のタブを選択します。
  2. 分類」の項目で「数値」をクリックします。
  3. OK」をクリックします。

「分類」の「数値」を選択すると

  • 小数点以下の桁数
  • 桁区切り(カンマ)を使った表示
  • 負の数の表示形式

など、数値に関する細かな表示設定ができます。

数値に変更した結果の画像

セル内の文字(数字)と罫線の間に間隔ができたので、セル内の文字(数字)が見やすくなりました。

インデントを使う方法と、表示形式を数値にする方法で文字位置を調整できましたが、実はこの2つの方法はよく見ると余白の間隔が少し違います。

インデントで調整した場合と数値で調整した場合の比較画像

並べるとわかりやすいのですが、インデントで調整した方が間隔が広く取れています。

インデントでは約1文字分、数値では約半角分の間隔があるイメージです。

セルの幅や数字の桁数など、好みで選びましょう。

スポンサーリンク

まとめ:設定で数字を読みやすくしましょう

エクセルはセルに数字を入力すれば、自動で右揃えで表示されます。その場合には極端に右寄りなので数字と罫線との間隔はかなり近く表示されます。

画面上では「読みづらい」と感じることが少ないかもしれませんが、用紙に印刷すると数字は極端に読みづらくなります。

資料などの印刷物では数字は重要なポイントになるので、罫線を使う場合には数字との距離を意識しましょう。近いと読みづらくなってしまいます。

「インデント」や表示形式を「数値」に変更するだけでセルの右側に余白を作れます。数字を読みやすくしたい場合には設定をしておくと良いですね。

文字を入力した場合でも、インデントを使えば余白を作ることはできますが、「数値」の設定はできません。文字を数字にできないのでしょうがないですよね。

以上、【Microsoft Excel】数字入力でセルの右側に余白を空ける方法の紹介記事でした。

Excel
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カラバリ

コメント