【Google Chrome】トップページの閲覧履歴のファビコンをサムネイル表示に戻す方法

GoogleChrome, 履歴, thumbnail

新しいトップページ

Google Chromeのバージョン69以降からトップページの表示が変更されました。

以前のバージョンでは、トップページの表示に「閲覧履歴のサムネイル画像」が表示されていたのですが「閲覧サイトのファビコン表示」に変更されました。

サムネイル画像ではサイトの内容が少しですが確認ができていましたが、ファビコン表示になるとサイト内容がファビコン画像と名前でしか判断が出来なくなりました。

同じサイト内の別の記事では、ファビコン表示が同じなので見た目で判断がしづらくなったのです。

この記事では、トップページや新しいタブの表示を以前の閲覧履歴のサムネイル画像が表示されるように戻す方法を紹介します。

トップページに履歴のファビコンを表示させない方法は、以前の記事【Google Chrome】新しいタブ画面で履歴表示(サムネイル)を非表示にする おすすめの拡張機能で紹介した拡張機能を使う方法で非表示にすることができます。

 

ファビコンとは?

ファビコンとはアドレスバーやタブに表示される、ウェブサイトのシンボルマークです。

favicon(ファビコン)は、ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして、ウェブサイト運営者がウェブサイトやウェブページに配置するアイコンの俗称である。favorite icon(フェイバリット・アイコン:お気に入りアイコン)という英語の語句を縮約したものである。
出典:ウィキペディア

Chrome ファビコン表示をサムネイル表示にする

Google Chrome を起動させると、サイトがファビコン表示されています。

ファビコン表示

アドレスバー内に「chrome://flags/#ntp-ui-md」と入力して Enter キーを押します。

入力文字chrome://flags/#ntp-ui-md

アドレスバーに入力

Google Chromeの設定ページが表示されます。

「New Tab Page Material Design UI」の項目が黄色で強調されていますので、右側にある「Default」をクリックして設定の候補を表示させます。

設定画面の表示

設定項目が表示されますので、一番下にある「Disabled」を選択します。

設定の候補が表示

表示方法を「ファビコン表示」に戻すときには、この設定項目を「Default」に設定すると「ファビコン表示」になります。

再起動させる

Disabled」に設定を変更すると、画面下側に「変更内容は次にGoogle Chromeを再起動したときに有効になります。」とGoogle Chromeの再起動を促されます。

RELAUNCH NOW」をクリックするとGoogle Chromeが再起動しますのでクリックしましょう。

再起動後には新しいタブを作ると以前のサムネイル表示に変更されています。

サムネイル表示

設定の変更をしてもファビコン表示のままで表示される場合があります。

実は私が最初に設定変更したときにサムネイル表示に戻らずファビコン表示のままでした。

何度かChrome を再起動したり、新しいタブを作ってみてもサムネイル表示には戻らなかったのですが、Chromeの履歴を削除すると、以前のサムネイル表示になりました。

たまたまかもしれませんが、同じような症状になった場合には参考にしてください。

過去記事の【Google Chrome】ウェブサイトの履歴(最近閉じたタブ)を簡単に削除する方法で閲覧履歴を削除する方法を紹介しています。

まとめ

Google Chrome がバージョンアップして新しい画面の表示などが変更になりました。

サイト内容が判断しやすいので以前のサムネイル表示が良かった方もいますし、他人に見られる可能性があるのでファビコン表示になってよかったという方もいます。

Google Chrome の設定画面でどちらの表示方法にも変更は出来ますが、パソコン操作に慣れない方には少しハードルが高いかもしれませんね。

Chrome の標準機能になれば解決するのですが…。ムリかな?

関連記事

ファビコンを消したり作ったりする操作方法は【Google Chrome】トップページの閲覧履歴のファビコン(ショートカットアイコン)の消し方の記事で紹介しています。

「サムネイル」や「ファビコン」を表示させない方法は【Google Chrome】新しいタブ画面で履歴表示(サムネイル)を非表示にする おすすめの拡張機能の記事で紹介しています。