Webサイトをスタート画面にピン留めする方法【Windows 10】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段よく使うサイトはどのように管理させていますか?

ほとんどの場合、ブラウザの「おきにいり」や「ブックマーク」などに登録していたりしていますよね。

他にも、ダイレクトにサイトを表示させたい場合にはデスクトップにサイトのショートカットアイコンを作ったりしているはずです。

ですが、サイトのショートカットアイコンを作りすぎてしまうとデスクトップ画面にアイコンが増えすぎて、使い勝手が悪くなることもありませんか。

Windows 10 では、スタート画面にタイル表示でアプリやサイトのアイコンを登録することができるので、サイトのショートカットアイコンはスタート画面にピン留めましょう。

デスクトップも広くなり、サイトのアイコンも管理しやすくなります。

この記事では、サイトのアイコンを作って、スタートにタイル表示をさせる方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows 10 スタート画面にサイトをタイルで表示させる

Windows 10 のスタート画面にサイトのタイル表示をピン留めする方法は、使うブラウザによって手順が違います。

この記事では2つのブラウザで手順を紹介します。

  1. Google Chrome
  2. Microsoft Edge

サイトはGoogle Chrome でアイコンを作ればGoogle Chrome でサイトが表示され、Microsoft Edge ではサイトのアプリとして表示させることが出来ます。

Google Chrome スタート画面にサイトのアイコンを作る方法

1 サイトのアイコンを作る

Google Chromeを起動させ、目的のサイトを表示します。(Amazonのサイトを使用させていただきました)

①画面内の右上の設定アイコンをクリックします。

②メニューの一覧が表示されますので「その他ツール」にマウスを重ねます。(マウスオーバー)

③さらにメニューが表示されますので「ショートカットを作成」をクリックします。

サイトのアイコンを作る

ショートカットを作成する確認画面が表示されます。

④アイコと一緒に表示される名前を入力します。(後で変更も可能です)

⑤「作成」をクリックします。

ショートカット作成の確認画面

デスクトップ画面にサイトのアイコンが表示されます。

サイトのアイコン

2 スタート画面にサイトのアイコンをピン留めする

①デスクトップに作成されたサイトアイコンを右クリックします。

②メニューの一覧が表示されますので「スタートにピン留めする」をクリックします。

スタートにピン留めする

スタート画面にサイトのアイコンが出来ているか確認してみましょう。

画面左下のスタート「Windowsマーク」をクリックまたは、キーボードから「Windowsキー」を押すと、スタート画面が表示されます。

スタート画面にアイコンが表示される

①「最近追加されたもの」にサイトのアイコンが追加されたので表示されています。

②Google Chrome で起動するサイトのアイコンが追加表示されました。

「最近追加されたもの」の削除方法

サイトのアイコンが追加できれば「最近追加されたもの」は必要なくなります。

一覧から削除する手順を紹介しておきます。

①「最近追加されたもの」から削除するアイコンを右クリックします。

②メニューから「その他」にマウスを重ねます。(マウスオーバー)

③更にメニューの一覧が表示されますので「この一覧から削除」をクリックすれば削除されます。

最近追加されたものを削除する方法
スポンサーリンク

Microsoft Edge スタート画面にサイトのアイコンを作る方法

Microsoft Edge を起動させ、目的のサイトを表示します。(Amazonのサイトを使用させていただきました)

Microsoft Edge のバージョンアップにより記事内容を変更しました。

サイトをアプリとしてインストールする

①画面の右上の設定アイコンクリックします。

②メニューの一覧が表示されますので「アプリ(A)」にマウスオーバー(マウスを重ねる)します。

③「このサイトをアプリとしてインストール」をクリックします。

サイトのアプリとしてインストールする方法

アプリのインストールの確認画面が表示されます。

サイトの名の変更が必要な場合には新しいサイト名に変更しましょう。

インストール」をクリックします。

アプリのインストールの確認画面

Webサイトがアプリとして表示されました。

サイトがアプリで表示される画像

サイトのアプリから Microsoft Edge で開く

サイトアプリで起動すると使い勝手が悪いと感じる場合には「Microsoft Edge」でサイトを開きましょう。

①サイトのアプリを起動させ、右上の設定クリックします。

②メニューの中から「Microsoft Edge で開く」をクリックします。

アプリで開いたサイトをEdgeで開く方法

サイトアプリが閉じて、Microsoft Edge でサイトが起動します。

サイトアプリの確認

アプリの一覧にサイトのアイコンが出来ているか確認してみましょう。

画面左下のスタート「Windowsマーク」をクリックまたは、キーボードから「Windowsキー」を押すと、スタート画面が表示されます。

「サイト」がアプリとして表示されていました。アイコンをクリックするとサイトがアプリとして起動します

サイトのアプリの確認画像

「サイト」をスタート画面にピン留めする

①今回作った「サイトのアプリ」を右クリックします。

②「スタートにピン留めする」をクリックします。

サイトのアプリをスタートにピンドメする方法

サイトのアプリ」がスタートにピン留めできました。

スタートにピン留めができた画像

Microsoft Edge のバージョンアップで仕様が変更されました。

以前は「Edge」 を使ってサイトが起動するアイコン を「スタートにピン留め」できましたがバージョンアップ後からは「サイトのアプリ」としてスタートに登録するようになっています。

スポンサーリンク

「サイトのアプリ」の削除方法

通常のアプリなら「アプリの一覧」から削除できますが「サイトのアプリ」は削除できません。

「サイトのアプリ」を起動させてから次の手順で削除しましょう。

①サイトのアプリを起動させ、右上の設定クリックします。

②メニューから「〇〇(サイト名)のアンインストール」をクリックします。

サイトアプリのアンインストール

削除の確認画面が表示されますので「削除」をクリックします。

削除の確認画面

アプリの一覧から「サイトのアプリ」、スタート画面にピン留めしたアイコンが削除できました。

アイコンが無くなった画像
スポンサーリンク

まとめ

以前、サイト内の記事でWebサイトのショートカットのアイコンをデスクトップに作る方法を紹介しました。

デスクトップにアイコンを作っても使い勝手は良いのですが、Windows 10では、スタート画面にタイル表示でアイコンを置くことができます。

デスクトップを広く使う事ができるので、用途によってはスタート画面にアイコンを置く方がいい場合もありますね。

もちろん、ブラウザに対応したアイコンを作りますので、表示されるサイトはブラウザごとに表示されます。

私の場合には、ブログの表示をブラウザごとに確認したい時に使っています。非常に便利です。

スタートを表示させてから起動させるので、デスクトップのアイコンよりも起動に一手間かかりますが、キーボードの【Windows】キーを押すだけなのであまり負担にはなりません。誤クリック防止と考えています。

以上、Webサイトをスタート画面にピン留めする方法の紹介記事でした。

Microsoft Edge がバージョンアップしました。以前のように簡単にスタート画面にピン留めができなくなりました。
スタート画面へのピン留めは「サイトのアプリ」として可能ですが、直接ブラウザでサイトが起動するわけではないので使い勝手はあまり良くありません。

コメント

  1. 福田守 より:

    この画面をスタートにピン止めするの文が出ません。どうすれば?

    • karabari より:

      「この画面をスタートにピン止めするの文が出ません。」とのことですが、多分「Microsoft Edge」での表示と思われますのでそちらで回答させていただきます。
      「Microsoft Edge」がバージョンアップしたので以前の記事内容では表示されなくなってしまいました。
      現時点(2020/7/27)で対応できる方法に記事内容を更新いたしました。
      ご指摘ありがとうございました。