【OWL-LPBAC6701レビュー】AC充電器+モバイルバッテリー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
owl-lbpac6701外観ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホとタブレットを持ち歩くようになったのですが、タブレットはスマホからのテザリングでネット接続しているので2台分のバッテリー容量が不安です。

そこで、モバイルバッテリーを購入することにしました。

鞄の中の持ち物を増やしたくないと思い、プラグ付きでAC充電器にもなるモバイルバッテリーOwltech【OWL-LPBAC6701-BK】を購入しましたのでレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

【OWL-LPBAC6701】の概要・製品仕様

Owltech「OWL-LPBAC6701」はAC充電器としても使える6,700mAhのモバイルバッテリーです。

パッケージ画像

本体に折りたたみ式のプラグを備えているので、ACコンセントにそのまま挿して本体を充電することも、USBケーブルで接続したスマートフォンやタブレットも充電できます。
充電中の画像

「OWL-LPBAC6701」の同梱品

購入時の同梱品はモバイルバッテリー本体と、micro USBケーブル1本、取扱説明書です。

付属品

ACコンセントで充電できますが、付属のmicro USBケーブルを使って本体を充電することもできます。

「OWL-LPBAC6701」の製品仕様

OWL-LPBAC6701 製品仕様
内蔵バッテリーリチウムイオン電池 3.6V/6700mAh
定格入力AC : 100-240V
micro USB : 5V 2A
定格出力Type-A 5V/2.4A X 2ポート(最大2.4A)
寸法約27(W) X 80(D) X 77(H)mm
重量190g
充電時間約4時間
保護機能過充電保護/過放電保護/短絡保護
PSEマークPSE適合商品
micro USBで充電を行う際には、2.0A出力以上の充電器を使用してください。

「OWL-LPBAC6701」のカラーバリエーション

「OWL-LPBAC6701」の本体色は「ブラック」「ホワイト」の2色から選べます。

OWL-LPBAC6701-BKOWL-LPBAC6701-WH
ブラックホワイト
OWL-LPBAC6701-BKOWL-LPBAC6701-BK

「OWL-LPBAC6701」の外観

スマホとのサイズ比較画像

「OWL-LPBAC6701」の大きさは5.2インチのスマ-トフォンと比較すると約1/2のサイズです。

6700mAhのモバイルバッテリーとしては少し本体サイズが大きいのが気になしますが、充電器としての機能があるのでしかたありませんね。(本体サイズ 80mm x 77mm)


本体の厚みは約27mmとタバコの箱より少し分厚い感じです。

本体側面に製品仕様が記載されています。PSEマーク(PSE適合商品)の表示もありますね。

電気用品安全法の改定により、2019年2月1日以降、モバイルバッテリーではPSEマークのないものは製造、輸入、販売ができなくなっています。
電気用品安全法-経済産業省HP-

「OWL-LPBAC6701」はAC充電器にもなるモバイルバッテリ

プラグを出した画像

「OWL-LPBAC6701」の本体からプラグを出すと、こんな感じです。

ACコンセントに接続するとAC充電器として使用できます。また、本体内臓のバッテリーに充電を行います。

ac充電器としても使える

ACコンセントに接続すると充電器として使えます。
5V/2.4出力の2つのUSBポートから同時に2台の機器に充電できます。

モバイルバッテリーとしても6700mAhの容量があるので、スマートフォンなら1.5~2回の充電ができます。

「OWL-LPBAC6701」は本体プラグを使いバッテリーを充電するので、充電器とケーブルは不要です。持ち物が少なくなりますね。

「OWL-LPBAC6701」のパワーインジケーター表示

本体正面画像

「OWL-LPBAC6701」にはパワーインジケーター表示があります。

パワーインジケーターの部分を押すとLEDの色と点滅でバッテリーの残量を知ることができます。

また、スマートフォン等への充電時には、スマートフォン側の充電量が表示されます。

LEDの色で判断できるので便利な機能ですね。

パワーインジケーターの表示

「OWL-LPBAC6701」はパススルー機能付き

パススルー機能とは、本体をコンセントに刺した状態で充電ケーブルで接続した機器(スマートフォンなど)の充電が完了後に、自動的に本体のモバイルバッテリーの充電を開始する機能です。

パススルー機能

モバイルバッテリー本体の充電時間は、空の状態から満充電まで約4時間です。

充電器の機能が優先されるので、スマートフォンの充電が先に行えます。

「OWL-LPBAC6701」は最適な充電をするSmart IC

本体2箇所のUSBポートにSmart ICが搭載されています。

Smart ICとは、充電器に接続された機器(スマートフォンやタブレットなど)を自動的に識別して、接続機器に最適な電流で充電を行う機能です。

Smart ICの機能紹介

機器別に最適な電流で充電するので、過剰な電流が流れることがありません。安心して充電することができますね。

「OWL-LPBAC6701」レビューのまとめ

「OWL-LPBAC6701」のバッテリー容量は6700mAhです。

私の場合にはスマートフォンとタブレット用なので、ちょうど良い容量ですね。これ以上の容量でも良いのですが持ち歩くにはサイズと重量が大きくなってしまいます。

もちろん2台同時に充電ができます。

「OWL-LPBAC6701」は充電器の機能があるので、同じ容量のモバイルバッテリーと比べると少し大きかったり、重かったりしますが、充電器を持ち歩かなくてもいいので持ち物が減ります。

外出先などで、モバイルバッテリーを追加で充電したい場合に「充電器がない!」なんてことがありませんか?「OWL-LPBAC6701」はコンセントさえあれば本体のみで充電が可能です。

「OWL-LPBAC6701」の欠点としては、時々使いづらい場面があります。それはテーブルタップ(電源タップ)で充電しようとした時です。

この様な経験はありませんか?

コンセントが空いているのに、本体が大きくてプラグがコンセントに刺さらない。

コンセント画像

この画像ではコンセントの穴の方向が良いのでコンセントに刺さりましたが、タップのスイッチが操作できないなど使いづらいのは事実です。

その時の対策として、私は短い延長ケーブルを用意しています。1本持っておけば、長くないのでかさばらないし他の用途にも使えて便利ですよ。しかも安い‼

モバイルバッテリーの機能だけなら容量が大きくて、もっと安いものもありますが、充電機能を備えたモバイルバッテリーと考えると、とても便利な商品ですね。

以上、「OWL-LPBAC6701」のレビュー記事でした。

【おすすめ5選】コンセントプラグ付きモバイルバッテリーの紹介
モバイルバッテリーを持ち歩くときに充電器も一緒に持っていくのが面倒じゃありませんか?そんなときに便利なのがコンセントプラグ付きモバイルバッテリーです。充電器とモバイルバッテリーの機能を合わせているので、本体をコンセントに刺すだけで充電器とし

コメント