デジタルスケールでポケットに入るサイズの商品を買ってみた

ライフスタイル

仕事で微量の粉体の測定をする作業があるので、数値を正確に読めるデジタルスケールを選定して購入しました。

最近ではデジタルスケールも安価なものが多くなっています。ネットで検索しても色々と商品があるので迷いましたが私の条件に合うデジタルスケールを購入しました。

 私にちょうどいい ポケットデジタルスケールの条件

 私の購入の条件は4点です。

・工具箱やカバンに収納しやすい

・最大計量が500g以上

・風袋計量(ゼロ点設定)が出来る

・計量値が0.1g単位

工具やカバンに収納しやすいこと

仕事で持ち歩いて使うためサイズと収納方法が重要です。

キッチン用のデジタルスケールなどは豊富にあるのですが、持ち歩くとなると少し大きいのです。

持ち歩きの工具箱や、カバンに入れてもじゃまにならないサイズを探しました。

できればポケットに入るサイズがいいですね。

最大計量が500g測定できること

測定する物体が、粉体で少量なので500g程度の測定ができれば十分です。

200gでは少し余裕が無いので500gは計測できる方が便利です。

風袋機能(ゼロ点調整)機能があること

風袋機能は必須です。粉体を計量するので直接計量する事はありません。何らかの容器なり、紙コップのような物に入れて計量するので必要なのです。

容器を計量して、その都度測定結果から容器の重さを計算で引くのは面倒ですよね。

他にも、計量後に風袋機能でゼロ点調整をすると追加でそのまま計量することが出来るので、一回づつ同じ動作を繰り返さなくて良くなり効率的に作業することが出来ます。

計量値が0.1g単位で計量できること

計量の最小単位が0.1gの秤よりも、0.01g単位の方が良いのは当たり前なのですが、それにともなって金額が高額になったり、最大計量が200gまでになったりと色々と不都合なことがあります。

そもそも、今回の作業では0.01gまでの細かな計量が必要ないので0.1gのタイプを選択しました。

 購入したデジタルスケールはこちらです。(CUSTOM MS-500)

大きさはもちろんポケットに入るサイズです。

0.1g~500gまで計測ができます。

風袋機能付き。

条件クリアです。

このサイズのデジタルスケールは安価な物が多いのと、OEM品が多いのが特徴です。

同じ商品でも、OEM先によって価格が違うので色々と検索すれば同じタイプでも安価な商品に出会えるかもしれません。

 裏側から電池を入れます

デジタルスケール 裏面

付属の電池(単4型)を2本入れて使用します。

中央のくぼみには、予備の電池を入れることが出来るので電池切れの心配は少なくなりそうです。

使い方は簡単で、上部のカバーを開けて”ON/OFF”ボタンを押して表示が安定すると計量ができます。
青色のバックライトも点灯するので、少し暗い場所でも表示を確認することが出来ます。

デジタルスケール 測定前

クリップ1個を計測してみます。

デジタルスケール 測定画像

0.5gと表示されて計測ができています。ばっちり!!

風袋機能も簡単に設定できます。

計量台の上に、軽量物を入れる容器などを置いて計測します。数値が安定したら”TARE”ボタンを押すと表示が0.0gになり、設定完了です。

後は容器に測定物を入れて計測すれば、測定物だけの重量が測定できます。

その他の使い方として、追加の計量ができることです。
例えば、1回目の計量で58gだったとして、”TARE”ボタンを押します。すると表示が0.0gになるので2回めの計量を続けて行えます。便利ですね。

オートパワーオフ機能

今回購入したMS-500は、オートパワーオフ機能がついています。

重量表示に変化がない状態や、ボタンを押さない時間が3分間続くと自動で電源が切れます。

使い終わった後など、電源を切るのを忘れてしまう事がありませんか?
カバーを閉じると使い終わった感じになって、電源を切っていないなんて事がありますよね。

オートパワオフ機能が付いていると自動で電源がOFFになるので電源を切り忘れる心配はありません。

その他の商品紹介

amazonで人気の商品です。

この商品の良い所は、0.01g~500gまで計測できることです。

精密な計測が必要で、小さいサイズが必要な場合はこの商品がおすすめです。

サイズも同じような商品ですが、1000gまで計測できます。

500gよりも、もう少し重量のあるものを計量する場合はこちらの商品がおすすめです。

まとめ:ポケットスケールは安価で手に入ります。

最近では、安価で高機能のデジタルスケールが販売されています。

アナログな「ハカリ」では計測が不可能な軽量なものを計測する時は、やはりデジタルスケールしかありません。

私は仕事で持ち歩く事が多いので小さなサイズを選びましたが、耐久性などを考えると少し大きなサイズの方が良いのかもしれません。

大きなサイズですと、もう少し重量のある物も計測できるのでキッチンなどでも使えますね。

ポケットスケールも安価で手に入りますので、用途によって使い勝手が良いものを選定するのがいいでしょう。

今回は、私の使用条件にあったデジタルスケールを購入することが出来ました。

少し不安な点があるとすれば耐久性でしょうね。

以上、デジタルスケールでポケットに入るサイズの商品を買ってみた感想記事でした。

コメント