【Excel】曜日を日付から自動で取得する2つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
EXCEL 曜日を日付から取得するExcel
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelで日付を扱うことは多いのですが、曜日の表示をさせたい場合にカレンダーなどで曜日の確認をしていませんか?

今日の曜日なら把握できていても、数日後、数日前の日の曜日は調べないとわかりませんよね。

この記事では、Excelの機能を使い「セルに入力された日付データを元に自動で曜日を表示させる方法」を紹介します。

スポンサーリンク

Excelで曜日を自動で反映し表示させる方法

Excelでセルに入力した日付のデータを元に曜日を自動的に表示させる方法はいくつかありますが、この記事では代表的な2つの方法を紹介しています。

使いやすさや表示のさせ方で、目的の曜日を取得する方法を選びましょう。

① TEXT関数で日付から曜日を取得する方法

曜日だけを別のセルに表示させたい場合に便利な方法です。
>>解説へ

text関数で曜日だけを別のセルに表示する

② 書式設定で日付から曜日を取得する方法

日付と曜日を同じセル内に表示させたい場合に便利な方法です。
>>解説へ

書式設定で曜日を追加で表示する

現在の日付を簡単に入力する「キー操作」(ショートカットキー)

Ctrl + ;(セミコロン)

現在の日付を入力するショートカットキー操作ctrl+:


「Ctrl」キーを押しながら「;」(セミコロン)キーを押すと現在の日付が入力できます。

TEXT関数で日付データから曜日を表示させる

text関数で日付データから曜日を標示させる

日付のデータが入力されたセルを元に、別のセル(隣のセルなど)に曜日だけを自動で表示させる方法です。

TEXT関数

=TEXT(,“表示形式)

参照するセルなどを指定する例) B3
  TODAY() など
表示形式曜日の表示形式を指定する例)”aaa”
“dddd” など

表示形式の入力では半角の (ダブルクォーテーション)で囲います。

ダブルクォーテーションのキー操作
TEXT関数 曜日の表示形式一覧
書式記号解説説明表示
aaa半角小文字aが3文字漢字1文字の曜日日,月,火,水,木,金,土
aaaa半角小文字aが4文字漢字3文字の曜日日曜日,月曜日,火曜日,水曜日…
ddd半角小文字dが3文字英語の曜日 省略形Sun,Mon,Tue,Wed,Thu…
dddd半角小文字dが4文字英語の曜日Sunday,Monday,Tuesday…

TEXT関数を使う場合には、表示形式に書式記号を””(ダブルクォーテーション)で囲い入力します。”aaa”など

(金)のようなカッコ付きの表示は ”(aaa)” と入力します。

指定のセルに曜日を表示させる(TEXT関数)

「数式バー」にTEXT関数を入力して曜日を表示させる方法

曜日を表示させたいセルを選択し、「数式バー」にTEXT関数を入力します。

記事内では曜日を表示させるセルを「C3」にしています。

セルを選択後に数式バーにtext関数を入力する

今回は、日付データのセルは「B3」を指定し、「“aaaa”」の表示形式を入力しました。

=TEXT(B3,“aaaa”)

>>その他の表示形式一覧

数式バー」にTEXT関数「=TEXT(B3,”aaaa”)」を入力し、「」マークをクリックして確定します。

数式バーにtext関数を入力して✔をクリックする

「C3」のセルに「水曜日」と表示されました。

text関数の結果によりセルに曜日が表示される
TODAY() を入力すると本日の曜日が取得できる

=TEXT(TODAY(),“aaaa”)

「値」に「TODAY()」を入力すると、本日(今日)の曜日が取得できます。

ダブの操作でTEXT関数を入力して曜日を表示させる方法

別の方法で、TEXT関数を入力する方法も紹介します。

曜日を表示させたいセルを選択し、「数式」タブを選択します。

この記事では「C3」のセルに曜日を表示させます。

セルを選択して数式タブを選択する

数式」タブの「関数ライブラリ」から「文字列操作」をクリックすると、関数リストが表示されます。

表示されたリストの一覧から「TEXT」を選択します。

数式タブから文字列操作をクリックし、メニューからtextを選択する

関数の引数」画面が表示されるので「」と「表示形式」を入力しましょう。

「値」の入力欄には日付の入ったセルの位置をキーボードで入力する、または、入力状態で目的のセルをクリックすると「値」の入力欄にセル位置が入力できます。

値の入力欄に日付のセルを入力する

「表示形式」の入力欄には表示させたい書式記号を入力します。(>>曜日の表示形式一覧

数式の結果」に表示形式に対応した文字が表示されるので確認できます。

右下の「OK」ボタンをクリックすると入力が確定します。

表示形式の欄に目的の表示形式を入力する

「C3」のセルに「水曜日」と表示されました。

text関数の結果によりセルに曜日が表示される
スポンサーリンク

書式設定で日付データから曜日を表示させる方法

書式設定で日付データから曜日を表示させる

「セルの書式設定」を行い、日付と同じセル内に曜日を追加で表示させる方法です。

日付データのセル内に曜日を表示させる(セルの書式設定)

日付データのセルを選択し、右クリックでメニューを表示させ、一覧から「セルの書式設定」を選択します。

日付データのセルを右クリックして、メニューからセルの書式設定を選択する

セルの書式設定」画面が表示されます。

表示形式」タブの「分類」から「ユーザー定義」を選択します。

表示形式のタブの分類からユーザー定義を選択する

種類」の入力欄に「yyyy/m/d」が入力されていますので、目的の表示形式を追加で入力します。

今回は「 (aaa)」を入力しました。(ダブルクォーテーション)で囲う必要はありません。
>>曜日の表示形式一覧

入力後の結果は「サンプル」の表示で確認することができます。

右下の「OK」ボタンをクリックすると入力が確定します。

種類の欄に表示形式を追加で入力する

「B3」のセルに「 (水) 」が追加で表示されました。

書式設定の結果によりセルに曜日が追加で表示される

”yyyy/m/d” と “(aaa)” の間に半角スペースを入れると少し見栄えが良くなります。

日付と曜日の表示形式の間に半角スペースを入力すると見栄えが良くなる

「数式バー」と「セルの書式設定」を使って曜日を表示する事もできます。

数式バーと書式設定の組み合わせで表示も可能

指定のセル「C3」に日付のセルを指定「=B3」して、セルの書式設定で「(aaa)」を入力するような曜日の取得方法もあります。

スポンサーリンク

Excelで曜日を表示させる方法「TEXT関数」「書式設定」

Excelでセルに入力した日付のデータを元に曜日を自動的に表示させる方法を2つ紹介しました。

曜日のみを取得したい場合には「TEXT関数で日付から曜日を取得する方法

同じセル内に日付と曜日を表示させたい場合には「書式設定で日付から曜日を取得する方法

と使い分けると便利でしょう。

使いやすさや表示のさせ方で、目的の曜日を取得する方法を選びましょう。

以上、【Excel】曜日を日付から自動で取得する2つの方法の紹介記事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Excel
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カラバリ

コメント