キーボードのファンクションキーの機能を反転させる方法【Lenovo 】【Windows 10】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファンクションキーの機能を反転させる方法パソコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DellやLenovo Thinkpad シリーズのノートパソコンを使って最初に気づくのが、 ファンクションキーの機能が他のPCとは逆になっていることです。

この場合ファンクションキーを使うには、左下のFnキーを押しながら同時にF1~F12のファンクションキーを押して操作すると使うことができます。

しかし、私は文章を入力するときにF7カタカナ変換をするので、毎回Fnキーを押しながらキー操作するのは効率が悪いんですよね。

そこで、この記事ではLenovo Thinkpad シリーズのパソコンで少しの設定をするだけでFnキーを使わなくても従来のファンクションキー操作ができる方法を2通り紹介します。

①Lenovo Think Padのキーボード設定で変更する方法
②Windows 10の標準機能で設定変更する方法
スポンサーリンク

ファンクションキーが効かない?使えない?

ファンクションキー

一般的なのはどちらなのかわかりませんが、Lenovo Thinkpad シリーズの場合にはF1~F12までのファンクションキーは単独で押すと「音量調節」「マイク」「輝度調節」などの機能キーとして動作します。

この動作は使い慣れていないと「ファンクションキーが効かない」「ファンクションキーが使えない」と思ってしまいますよね。

ファンクションキーを従来の機能で使うには、左下のFnキーを押しながらF1~F12のファンクションキーを押さなければ機能しません。少し面倒ですね。

仕事やブログなどで文章を入力する事が多いので「機能キー」として使うよりも「ファンクションキー」として使える方が便利になるはず。

ファンクションキーの機能を反転させて使い勝手をよくしましょう。

①Think Padは簡単にファンクションキーの機能を反転できる

Lenovo以外のパソコンでも同じようにファンクションキーの機能が反転している設定のパソコンがあります。

そういった場合、ネットで検索すると「BIOS」の設定を変更するような記事が出てきます。でも初心者には少し難しそうですよね。

ですが、Think Pad では簡単なキー設定でF1~F12までの機能を反転させることができるようになっているので、そのキー操作を紹介します。

【Fn キー】ファンクションキーをロック(ロック解除)する方法

Fnキーを押しながらEscキーを押す

キーボード左下のFnキーを押しながらEscキーを押します。(これだけ)
Escキーにも印字されていますが「FnLk」(ファンクションロック)の状態になります。
解除方法は、もう一度同じ操作(Fnキーを押しながらEsc)を行ないます。

ちなみに、私のThink Pad X1 Carbonでは「FnLk」にするとFnキーに緑色のランプが点灯します。

Fnキーに緑色のランプが点灯

この「FnLk」の設定をするとFnキーを押さなくてもF1~F12までのファンクションキーだけで直接機能するようになります。



②Windows 10 でファンクションキーの機能を反転させる

Lenovo Think Padではキー操作で簡単にファンクションキーの機能を反転させることができましたが、Dellなどのその他メーカーのパソコンでもWindows 10の標準機能を使ってファンクションキーの機能を反転させることができます。

キーボードのプロパティの表示

キーボード設定の表示

①「スタート」(Windowsマーク)をクリックします。
②そのままキーボードから「キーボード」と入力します。
③「キーボード(コントロールパネル)」が表示されるのでクリックします。

キーボードのプロパティ」画面が表示されます。

キーボードのプロパティの設定変更

Fn キーおよびファンクション・キー」のタブを選択します。

タブ内の「F1~F12  キーのデフォルト機能」を設定変更します。

キーボードプロパティの設定画面

初期設定では下段の「特殊機能を起動するには、F1~F12キーを直接押します。」にチェックがされているので、上段の「システムまたは特定のアプリで定義された・・・・・」にチェックを入れます。

ファンクションキーのデフォルト機能の変更

設定を変更したら右下の「適用」ボタンをクリックします。

再起動の確認ウィンドウが表示されます。
今すぐ再起動」をクリックするとWindowsが再起動されます。

再起動の確認画面

再起動後からFnキーを押さなくてもF1~F12までのファンクションキーが直接機能するようになります。

Lenovo Thin Padでキーボード設定した場合にはFnキーにランプが点灯しましたが、Windows 10でファンクションキーの機能を反転させるとFnキーのランプは点灯しませんが設定はできています。



【Fn キー 】ファンクションキーの設定で使いやすくなります

仕事やブログで文章を入力することが多いと、「なるべくキー操作が簡単になる方法」で作業しようとします。

F1 ~ F12のファンクションキーは文字入力のとき「カナ変換」でF7を使うのでどうしても設定変更が必要でした。

以前ですと「BIOS」の設定を変更したりと、何かとハードルが高かったのですがLenovo Think Padに関してはキーボード設定で簡単に切り替えができます。

Windows 10 の機能を使っても「キーボードプロパティ」の設定を変更するだけなので簡単に切り替えができますね。

私の場合は、ファンクションロックの設定でFnキーが緑色に光るのが気になるのでWindows 10の「キーボードプロパティ」で設定変更をしています。

以上、キーボードのファンクションキーの機能を反転させる方法の紹介記事でした。

パソコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カラバリ

コメント

  1. 大倉秀夫 より:

    「ファンクションキーの機能を転換する」記事の掲載、本当にありがとうございます。

    Dellのノートパソコンを購入し、使い始めたのですが、エクセルでセルを修正する際に
    「Fnキー」と「F2キー」を同時に押さなければならず。不便でした。
     これを改善しようと、ネットを調べたのですが、「BIOS」画面を出して修正しな
    ければならないなど、あり地獄に落ち込んで、素人には無理かとあきらめかけていた時
    にこの記事を発見しました。
     「地獄に仏」とは今回のようなことです。何度も言います。本当にありがとうござい
    ます。

  2. 匿名 より:

    助かりました