IEでしか使えないサイトをGoogle Chromeで表示する拡張機能 【IE Tab】

2018年1月26日ChromeIE, 拡張機能, 設定

ie tab

最近では少なくなりましたが、IE(Internet Explorer)でないと正常に閲覧できない、Google Chromeでは正常に閲覧できないWebサイトはまだ存在しています。

その様なWebサイトに出会うたびに、その都度IEを起動するのは面倒なのでGoogle Chromeに拡張機能「IE Tab」を追加しましたので紹介します。

関連記事

IE推奨のサイトがGoogle Chromeで正常に開けない

今回困ったのは、相手先の業者から指定されたWebサイトにログインして、作業完了の入力をしてほしいという業務でした。
いつものようにGoogle Chromeを起動して指定のURLを入力します。
指定されたサイトのトップ画面は表示されるのですが、その先に進めません。
どこをクリックしても正常な動作(表示)をしないのです。

相手先に確認をすると、推奨のブラウザがIE9という事でした。

まだまだ企業が使っている小規模なWebサイトでは、最新のブラウザに対応していない事があるみたいです。

この業務の為だけにIEに切り替えて入力業務をするのが面倒なので、Chromeに拡張機能を追加して作業することにしました。

Google Chrome 拡張機能 IE Tab

Chrome 拡張機能

IE Tab の特徴

IE Tab】は、Webサイト、WebアプリケーションでInternet Explorer にしか対応していないサイトを、Google Chrome上でInternet Explorerを起動させて閲覧させる拡張機能です。

使用するInternet Explorerのバージョンを指定して閲覧する事もできます。

特定のWebサイトのURLを登録すると、自動でIE TABが起動しWebサイトを閲覧することができます。



IE Tabのインストール

Down Load

 

インストール

① ダウンロードサイトを開いて「CHROME に追加」をクリックします。

chromeに追加
「IE TAB」を追加しますか?の表示で「拡張機能を追加」をクリックします。

拡張機能を追加
インストールが完了したら、Chromeのアドレスバーの右側に[IE Tab]のアイコンが表示されます。

ie tab
この後に、最初の一回だけ追加のインストールを行います。(ワンタイムインストール)
※勝手にダウンロードされるようで不安になりますが、正常な動作ですので指示に従ってインストールを行って下さい。



最初の起動時に追加インストール(ietabhelper.exe)

IE Tabをインストール後の最初の起動時に追加インストール」を次の手順で行います。

[IE TAB]のアイコンをクリックします。
「ワンタイムインストール手順」の画面が表示されます。
ステップ1、ステップ2に従ってインストールを行います。

ie tab インストール

 

②警告が出る場合
 ietabhelper.exe のダウンロードを続けますか?と警告がある場合がありますが[保存]を選択します。

 

ステップ1

ダウンロードされた ietabhelper.exe をクリックします。

ダウンロード

 

ステップ2
ファイルの実行確認画面が出ることがありますが[実行]をクリックしてインストールを行います。
インストールが完了します。

 

起動表示
ツールバー
[IE Tab]で使うためのツールバーが表示されます。この表示が出るとIEで表示されている事になります



IE TAB の使い方

IE Tabの使い方は簡単です。Chromeで閲覧している時に、Internet Explorerで表示したいサイトがあった場合、[IE Tab]のアイコンをクリックするだけです。

Google Chrome での表示

設定

IE Tab のアイコンをクリックすると、Chromeの表示画面にIE TAB用のツールバーが表示されInternet ExplorerでWebサイトが表示されます。

IE Tab での表示

設定

 

Point !

Google ChromeとInternet ExplorerではWebサイトの表示が多少異なります。

画面上で右クリックをすると、Internet Explorerと同じ右クリックのメニュー選択ができます。
メニュー選択



 IE TABの便利な設定

IE TABの設定画面は、追加されたサイドバーの右にある[工具アイコン]をクリックすれば表示されます。

工具アイコン

Internet Explorerのバージョンを指定する

Internet Explorerでは旧バージョンでないと閲覧できないサイトがあります。その場合にはIE TABの設定でInternet Explorerのバージョンを指定することができます。

設定画面の IE Compatibility Mode で、指定のバージョンのラジオボタンをクリックし設定します。

バージョン

日本語編

バージョン

特定のサイトを登録する

Internet Explorerでしか開かないサイトが事前にわかっていて、頻繁に使うのであればそのサイトのURLを登録することで、自動でIE TAB が起動し閲覧できます

設定画面の Auto URLs でURLを入力して設定します。

url登録

入力欄に、Internet Explorerで閲覧したいサイトのURLを入力します。

Add ボタンをクリックして登録します。登録済みサイトのURLが中央の表示欄に表示されます。

登録したサイトを解除する場合は、登録解除するサイトのURLを指定して、Removeボタンをクリックし、登録解除します。

日本語編

url登録

まとめ:IEを使う必要がある時にはとても便利な拡張機能

WebブラウザでGoogle Chromeを使っている方が多くなっていますが、少し前までは圧倒的にInternet Explorerが多く使われていました。
特に企業向けのWebサイトやWebアプリケーションはInternet Explorerが推奨でした。

当時作られたWebサイトは、費用などの面からか最新のブラウザへの対応はなかなか出来ていない事があるようです。

IE TAB はInternet Explorerでしか閲覧できないサイトに遭遇しても、アイコンをクリックするだけで簡単に閲覧することができます。

頻繁に訪れるサイトには事前にWebサイトのURLを登録しておく事で、 IE TAB が自動で起動し表示するので不便を感じさせません。

今までのように、わざわざInternet Explorerを追加で起動することが無くなりますので非常に便利になりました。

おしまい。

関連記事