【Windows 10】 暗証番号(PIN)で起動(サインイン)する方法

Windows

Windows 10の起動時にはパスワード入力をして起動(サインイン)しますが、複雑なパスワードだと入力が面倒ではありませんか?

パスワードの打ち間違いも起こりやすいですし、外部から自分のパソコンを起動してもらう場合があれば複雑なパスワードを相手に伝えなくてはなりません。

この様な場合にはパスワードを簡単なものに変更する方法もありますが、Windows 10では暗証番号(PIN)を使って簡単にサインインする方法でも起動させることができます。

簡略化したパスワード(PIN)を新たに設定する方法なので、本来のパスワードは残した状態となります。ですので、設定を解除すれば通常のパスワードで起動する方法に戻すことも簡単にできます。

この記事ではPINを使って起動時のパスワード入力を簡略化する設定方法を紹介します

暗証番号(PIN)でサインインする設定

画面右下のスタート(Windowsマーク)をクリックし、設定(歯車)アイコンをクリックします。

Win 設定

「Windowsの設定」画面が表示されます。

一覧の中から「アカウント」をクリックします。

windowsの設定からアカウントを選択

「ユーザーの情報」画面が表示されます。

左側のメニューより「サインインオプション」をクリックします。

ユーザーの情報画面

「サインインオプション」画面が表示されます。

サインインオプション内の「PIN」の項目で設定を行います。

「追加」をクリックすると設定が開始します。

サインインオプション画面

現在設定されているアカウントのパスワードの入力画面が表示されます。

アカウントのパスワードを入力して「OK」をクリックします。

アカウントのパスワード入力

「PINのセットアップ」画面が表示されます。

「新しいPIN」と「PINの確認」に登録するPIN番号を4桁以上で入力します。

PINの入力画面

「OK」をクリックするとPINの設定が完了です。

「このPINを使って、Windows、アプリ、サービスにサインインできます。」がPINの項目に表示されます。

PIN設定完了

再起動すると、PIN(暗証番号)入力でWindows 10をサインインすることができます。

英字と記号を含める通常PINは数字で設定しますが「英字と記号を含める」にチェックを入れると、数字以外のPINを設定できます。

詳しい設定要件が表示されますので、要件に沿ってPINを設定します。

英字と記号を含める



PIN(暗証番号)の変更方法

PIN(暗証番号)を変更したい場合には、PINを設定した「サインインオプション」の画面で変更することができます。

「サインインオプション」画面で、PINの項目から「変更」をクリックします。

PINの変更画面

「PINの変更」画面が表示されます。

一番上の「PIN」には現在設定しているのPIN(暗証番号)を入力します。

「新しいPIN」と「PINの確認」に新しく登録するPIN(暗証番号)を4桁以上で入力します。

PINの変更画面

「OK」をクリックすると新しいPIN(暗証番号)に変更されます。

PINの変更方法は、PINを設定する方法とほとんど同じ操作で行えますので、「英字と記号を含める」設定も同じようにできます。

PIN(暗証番号)の削除方法

PIN(暗証番号)を削除すると、通常のパスワードを使ったサインアップに戻すことができます。

「サインインオプション」画面で、PINの項目から「削除」をクリックします。

PINの削除

PIN削除の確認画面が表示されます。

「削除」をクリックします。

PIN削除の確認画面

現在設定されているアカウントのパスワードの入力画面が表示されます。

アカウントのパスワードを入力して「OK」をクリックします。

アカウントのパスワードを入力する

PIN(暗証番号)が削除されました。

次回から起動の時はパスワードによるサインインになります。

PIN削除後の表示

「サインインオプション」の「PIN」の項目の表示が変更されます。

「追加」から再度PINの設定を行うことができます。

まとめ:PINの設定で4桁の暗証番号でサインインする

Windows 10 の起動時には通常の場合「パスワード入力」をしてサインインします。

セキュリティは保たれるのですが、毎回複雑なパスワード入力が面倒ですよね。

セキュリティは落ちるけど、そもそも、そんなにセキュリティが必要ではない場合にはPIN(暗証番号)でサインアップする方法が簡単でいいですよね。

設定方法も簡単ですし、4桁以上の数字を設定することで簡単に管理できます。

他にも、セキュリティを無視できるのであれば、パスワード入力無しで自動でサインインさせる方法もあります。サイト内の「Windows10 パスワード入力無しで自動起動(サインイン)する設定」の記事で紹介しています。

あなたの、使用環境によってWindowsのサインアップ方法を変えてみると便利になるでしょう。

以上、Windows 10 暗証番号(PIN)で起動(サインイン)する方法の紹介記事でした。

関連記事>>Windowsの起動時は「GUIブートを無効にしてWindowsの起動を速くする/Windows 10」の記事で紹介している設定方法で更にスムーズな起動ができます。

コメント