【Web認印】Word/Excel/PDFで使える無料の電子印鑑をつくる方法

Web認印 アイキャッチ画像 ネットサービス

社内文章などはテンプレートを使うことが多く、そこで押される印鑑も電子印鑑を使っているケースが多いんじゃないでしょうか。

電子印鑑は印刷する前の書類データに印鑑を押すので、紙に印刷することも、押印後にスキャナでデータにする作業もなくなります。もちろん重要な書類には使えないかもしれませんが、社内の簡単な回覧文などではとても役に立ちますね。

「電子印鑑は作るのが難しそう」と思われる方も多いので、この記事ではWebサイトを使って無料で簡単に電子印鑑を作れる「Web認印」を紹介します。

「Web認印」サイトを使って電子印鑑をつくる

Web認印のサイト画像

電子印鑑を作るサイトは、白舟書体のWebサイトから認印作成コーナー「Web認印」を使います。

Web認印 サイト
上記のサイトへ移動し、電子印鑑をつくりましょう。

「Web認印」で電子印鑑のつくり方

Web認印」のサイトへ移動すると、以下の設定画面になります。

各項目(4項目)を入力して「作成」ボタンをクリックするだけで電子印鑑が作成されます。

それでは、設定内容と作成方法を紹介します。

「Web認印」設定項目の詳細

Web認印の設定画面

① 名字

電子印鑑を作りたい名字を入力します。

ここで注意することは、どのような名前でも電子印鑑に出来るわけではないことです。

サイトにも記載がありますが、「日本の名字上位10000姓が収録されています」とあるように、よくある名字は大丈夫ですが、あまり馴染みのない名字は電子印鑑にできません。

② 書体

書体を「古印体」と「印相体」の2種類から選択します。

佐藤鈴木田中
古印体古印体 佐藤古印体 鈴木古印体 田中
印相体印相体 佐藤印相体 鈴木印相体 田中

「古印体」の方が読みやすいので使い勝手はよさそうですね。

③ 大きさ(直径)

電子印鑑の直径を「10.5mm」「12.0mm」「13.5mm」の3種類から選択します。

10.5mm12.0mm13.5mm
10.5mmの印鑑12.0mmの印鑑古印体 佐藤

電子印鑑は画像となりますので、あとから自由なサイズに変更することも可能です。

④ 色

電子印鑑の色を「朱」「赤」「紅」の3種類から選択します。

朱色赤色紅色
朱色の印鑑12.0mmの印鑑紅色の印鑑
若干、色の違いがあります。色の違いは好みですね。

⑤ 作成

「作成」ボタンをクリックすると電子印鑑が作成されます。

「Web認印」の作成

サイトの設定項目を入力し、「作成」ボタンを押します。

画像(PNG)とPDFの2種類の電子印鑑が表示されますので画像を保存しましょう。

画像(PNG)の保存方法

別ウィンドウで印鑑画像が表示されます。画像を「右クリック」して「名前を付けて画像を保存」から印鑑画像を保存しましょう。

印鑑画像を右クリックで保存する

他にも簡単な方法として、印鑑画像をマウスでデスクトップなどに「ドラッグ&ドロップ」で保存できます。

印鑑をドラッグ&ドロップで保存する

PDFの保存方法

電子印鑑は画像の他、PDFでも表示されます。

PDFでの表示が出来ていない場合には、ブラウザの設定変更で表示をさせましょう。

ポップアップブロックの設定私のブラウザ環境の「Google Chrome」で紹介します。

Google Chrome ポップアップブロックの解除方法

  1. 「アドレスバー」に表示された「ポップアップブロック」のアイコンをクリックします。
  2. 「http://www.hakusyu.com のポップアップとリダイレクトを常に許可する」にチェックします。
  3. 「完了」ボタンをクリックします。(次回から設定が有効になります)
  4. もう一度「作成」ボタンをクリックすると電子印鑑がPDFで表示されます。

別ウィンドウで印鑑画像が表示されます。画像を「右クリック」して「名前を付けて保存」から印鑑画像を保存しましょう。

印鑑のPDF画像の保存

まとめ:Web認印を使えば簡単に電子印鑑がつくれる

「Web認印」のサイトを利用すれば、簡単に綺麗な電子印鑑がつくれます。

Webサイトを利用するので、パソコン内にアプリをインストールする必要もありませんので、会社のパソコンでも電子印鑑の作成と利用が簡単にできますね。

印鑑画像(PNG)とPDFの2つの電子印鑑を一度につくれるので、WordやExcelの他、PDFのファイルにも使うことができます。

電子印鑑の作成自体が簡単なので、「書体」「サイズ」「色」の違うパターンを複数用意して、場合によって使い分けするのもいいですね。

以上、【Web認印】Word/Excel/PDFで使える無料の電子印鑑をつくる方法の紹介記事でした。

コメント