【Windows 10】Sticky Notes(付箋)のデータ保存(バックアップ)方法

Windowsアプリ, stickynotes, backup

Sticky Notes(付箋)のデータをバックアップしていますか?

Windows 10では標準の付箋アプリ「Sticky Notes」を使い、デスクトップ画面にメモを簡単に貼り付けることができます。

ちょっとしたメモならすぐに消してしまうので問題ありませんが、重要なメモの場合にはバックアップをとっておきたいですね。

間違って消す事もありますし、パソコンの引っ越しで付箋を貼り直すこともあるので重要なメモを残す場合には「Sticky Notes」のデータを保存しておきましょう。

「Sticky Notes」のデータは隠しホルダ内に保存されていて分かりづらいので、手順を追って説明します。

関連記事

付箋「Sticky Notes」のデータバックアップ

「Sticky Notes」のデータは隠しホルダ内に保存されていますので、隠しファイルの表示を行いましょう。

すでに、隠しファイルの表示ができている場合には読み飛ばしてください。

隠しファイルの表示

エクスプローラーを起動し隠しファイルの表示設定をします。

①「スタート」キーを右クリックします。

②「エクスプローラー」をクリックします。

エクスプローラーの表示方法

③「エクスプローラー」の「表示」タブをクリックします。

隠しファイル」にチェックを入れます。

隠しファイルをチェック

隠しファイルにチェックを入れると隠しファイルが表示されるようになります

注意!!
表示されるようになった隠しファイルは削除や変更をしないでください。
Windowsが正常に動作しなくなる場合があります。
表示の必要がなくなったら、元の非表示に戻すことをオススメします。



バックアップファイルの取得

先程の「エクスプローラー」からシステムの入っているドライブを選択します。
大抵の場合はPCのC:(Cドライブ)がシステムドライブです。

以下の順番にフォルダをダブルクリックします。

  1. PC>C:を選択します。
  2. 「ユーザー」>
  3. 「(ユーザー名)」>(任意の名前です)
  4. 「AppData」>(隠しフォルダ)
  5. 「Local」>
  6. 「Packages」>
  7. 「Microsoft.MicrosftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe」>
  8. 「LocalState」

「LocalState」フォルダ内を表示させます。

「LocalState」フォルダ内にある[plum.sqlite]の名前のファイルがデータファイルになります。

[plum.sqlite]のファイルをコピーして保存(バックアップ)しましょう。

注意!!
[plum.sqlite]のファイル名は変更せずにそのまま保存しましょう。
復元の際には[plum.sqlite]のファイル名で復元します。

データファイルの場所

付箋「Sticky Notes」のデータ復元

付箋「Sticky Notes」の保存したバックアップファイルの復元の方法です。

保存している[plum.sqlite]ファイルを元のフォルダに上書き保存すればデータの復元ができます。

下記の場所のフォルダ[LocalState]に上書き保存しましょう。

  1. 「エクスプローラー」を起動させ、PC>C:を選択します。
  2. 「ユーザー」>
  3. 「(ユーザー名)」>(任意の名前です)
  4. 「AppData」>(隠しフォルダ)
  5. 「Local」>
  6. 「Packages」>
  7. 「Microsoft.MicrosftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe」>
  8. 「LocalState」

フォルダ[LocalState]の中の[plum.sqlite]ファイルを保存した[plum.sqlite]ファイルで上書き保存します。

付箋「Sticky Notes」のデータが復元できました。


まとめ:大切なメモはバックアップしましょう

付箋アプリは簡単に使えて便利です。

すぐに消してしまうメモもありますが、常に表示させておきたい重要なメモもあるでしょう。

間違った操作で消去してしまったり、PCの故障などでメモが消えてしまう恐れもあります。

もしもの時のためにもデータのバックアップをしておきましょう。

関連記事