英語キーボードで英語/日本語入力を切替えるWindowsアプリ「Alt-ime-ahk」

2017年9月23日設定Windows, キーボード, 設定

alt-ime-ahk

今回は、簡単に素早く日本語と英語の入力切替ができるWindowsアプリを紹介します。

英語キーボードを使っていると少し不便なのが、文字入力で日本語と英語の入力切替をするときです。

文章を書く時や、プログラミングでコメントを書く時などは、英語・日本語の入力切替えが頻繁にあるので切替えるのが面倒なんです。

というのも、Windowsの標準では、Alt~ キーで「日本語」「英数」切替えなので、頻繁に切り替える時は2つのキーをその都度押して切り替えるのですが面倒なんです。

押し間違えちゃったりもしますし、考え事で手が止まると英語のまま打っちゃったりとか・・・

そこで、私が現在インストールしているオススメの日本語変換キーを変換するアプリを紹介します。

その便利なアプリは「karakaram-blog」の管理人さんが作られた、Alt-ime-ahkというアプリです。

英語キーボードを使っている方には是非おすすめです。とても使い勝手が良いですよ。

日本語キーボードでは「英語・日本語入力の切替えキーを変更して便利にするオススメの設定」の記事で同じような設定方法を紹介しています。

英語キーボードで日本語変換キーを変更するアプリ

Alt-ime-ahk の紹介

詳しくは、作者様のblogで紹介されていますが、簡単に説明するとスペースバーの左右のAlt キーを空打ちするだけで「英語」「日本語」の切り替えができるということです。

karakaram-blog : www.karakaram.com

インストールの方法

作者様のblog内から「Alt-ime-ahk.zip」のファイルをダウンロードしインストールします。

Releases · karakaram/alt-ime-ahk · GitHub

サイトを開き中央の「alt-ime-ahk.zip」をクリックするとファイルがダウンロードされます。

ダウンロード

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、「alt-ime-ahk.exe」の実行ファイルが解凍されますので、このファイルをダブルクリックして起動しましょう。

起動すると画面右下に「alt-ime-ahk」の緑色に[H]のアイコンが表示され、ソフトは起動されました。

インストール アイコン

このソフトをスタートアップに登録すると、Windows起動時から常駐するので、次回からは気にすることなく使うことができます。
ÇドライブのProgramFileなどにフォルダごと移動して、ショートカットを作りスタートアップフォルダに登録しましょう。
スタートアップの登録方法は「スタートアップフォルダの場所と登録方法」の記事を参考にして下さい。



alt-ime-ahk 機能の紹介

スペースバーの左右のAlt キーで英語・日本語の入力を切り替えます。

英語・日本語入力切替え

キー操作

左のAlt 空打ち、でIMEがOFF (英数入力になります)

右のAlt 空打ち、でIMEがON (日本語入力になります)

Alt を押している時に他のキーを打つと通常のAlt キーとして動作し、Alt キーを使ったショートカットも機能します。

まとめ:文字入力が少し速くなりました

英語キーボードを使い初めて、最初に不便を感じたのは英語と日本語の入力切替え方法でした。

このソフトを使いだしてから、ホームポジションをほとんど崩さずに操作ができるようになりました。作者様にはとても感謝です。

起動時から常駐させれば、このソフトが入っていることを気にさせません。

文字入力の際に今は「日本語」なのか「英語」なのか気にする事がなくなりました。
というのも、どちらの入力モードになっているのか解らないときには、日本語を入力したいときにはまず、右のAltキーを押して入力を開始すればいいですし、英語入力をしたいときには左のAltキーを押してから入力すれば間違いが起こらないからです。

他人のパソコンを使うときも、癖でAlt キーを押してしまいますが・・・

おしまい。

関連記事>>英語・日本語入力の切替えキーを変更して便利にするオススメの設定